猫について寒さに関する質問をいくつかいただいたので簡単に書いてみたいと思います。
まず知らないといけないのは野良猫と家猫では寒さに対する強さが全く違うということです。
「野良猫は外で大丈夫なんだから」
このような考えは持ってはいけません。

野良猫の場合、冬になるにつれて徐々に冬毛になったり脂肪が増えたりして寒さに対応していきます。
一方家猫は暖房によってきちんとした冬支度が行えません。
もしこたつ好きな猫でしたらこたつの中の温度に対応した状態になっているかもしれません。
この場合ですと冬支度どころか夏支度になっているかもしれないのです。
つまり暖房がある状況では家猫は寒さに対してきちんとした対応ができる状態にはなれないのです。

また、人間が温度差で体調を崩すのと同様に猫も温度差で体調を崩します。
ですので昼と夜の温度差にも注意してあげましょう。
また子猫の場合体温調整が未熟なのでより注意が必要です。

一番いいのは24時間暖房なのかもしれませんが現実的ではありませんね。
あ、暖房時には乾燥にも注意を!
乾燥は風邪につながりますし、体感温度が低くなってしまいます。
現実的な対応としては暖かいハウスを用意してあげるのがいいのではないでしょうか。
ハウスがあれば湯たんぽで節約暖房もできますし、ペット用ホットカーペットも利用できます。